源泉揚湯・送湯設備概要

揚湯・送湯模式図

 


揚湯・送湯設備

地下施設   源泉井戸  地下-800m(地下-620m地点よりボーリングL=-180m)

       引揚管   φ400DCIP  L=2.000m 旧炭鉱坑道内に敷設

       貯留槽   地下-164m RC造200㎥

       揚湯井戸 (5箇所)  L=164m 

                    揚湯ポンプ2.2㎥/分×65m×2台(INV用 常用1台)

                    揚湯ポンプ1.7㎥/分×65m×3台(商 用 常用2台)                                                          

地上施設    貯湯槽   容量   180㎥(RC80㎥・FRP100㎥)

        送湯ポンプ  能力・6.0㎥/分×35m×2台(インバーター用 常用1台)

        送湯量    5.5㎥/分(ハワイアンズ3.5㎥/分・湯本町財産区2.0㎥/分)

        送湯管    φ400・φ300・φ200DCIP  L=2,064m(H27年11月現在)

 

 

       揚湯・送湯模式図写真

○○○○○○○○イメージ

 揚湯ポンプ(引揚時)

  出力45KW(2基) 出力30KW(2基) 出力22KW(1基)
吐出量 2.2㎥/分 1.7㎥/分 1.7㎥/分
揚程 65m 65m 65m
仕様 インバーター 定量 定量

   


○○○○○○○○イメージ

貯湯槽180㎥(FRP製貯湯槽100㎥・RC製貯湯槽80㎥)

送湯ポンプ1・2号 5.5㎥/分 (能力6.0㎥/分)